牡蠣 亜鉛

牡蠣に豊富に含まれている亜鉛

牡蠣にはビタミンやカルシウム、タウリンといった健康に良い成分が豊富に含まれています。

 

数多く含まれている成分の中でも、特に牡蠣に多く含まれている成分があります。

 

牡蠣,亜鉛

 

それは亜鉛になるのですが、この亜鉛とはどのような働きがあるのでしょうか見ていきましょう。

 

亜鉛が効くとされている症状で最も有名な症状は薄毛になります。

 

髪の毛の成長には亜鉛が必要不可欠なのですが、通常の食生活ではなかなか摂取しにくい成分なのです。1日に必要な摂取量は15mgですが牛肉は100gあたり4mg程度となっており、亜鉛が豊富といわれているレバーなどでも6mg程度となります。

 

しかし牡蠣には100gあたり13mgも含まれています。ですので牡蠣を食べれば1日に必要な摂取量を補うことができます。

 

逆にこの亜鉛が不足してしまうと、抜け毛が多くなったり、肌荒れがひどくなったりしてしまいます。

 

そのほかにも疲れやすくなり、風邪を良く引く様になったり、立ちくらみが起きてしまうこともあります。

 

牡蠣にはそのほかにも様々な健康に良い成分が豊富に含まれていますので、不足しているなと感じた時には、牡蠣料理やサプリメントを食べることで不足している亜鉛を含めた様々な成分を補うことができます。

海乳EXのトップページへ戻る

亜鉛のおススメサプリメント海乳EXのお得な情報はサイトトップページで案内しています。
トップへ戻る