亜鉛 味覚障害

亜鉛不足による味覚障害に注意

味覚障害は味の違いが良く分からなくなる、味が薄く感じるといった症状のほかに、本来の味とは異なるように感じたり、何も食べていないのに口の中が苦い、甘みなどの特定の味がしなくなる、何を食べてもまずく感じるといったものがあります。

 

味覚障害が起こる原因として、タバコの吸いすぎや薬による副作用などがありますが、主な原因としてよく挙げられるのが、亜鉛不足です。

 

舌が味を感じるメカニズムは、食物の成分が唾液と混ざって舌にある味蕾(ミライ)に入り込み、味覚神経から脳に信号が送られることで味を感じるようになっています。亜鉛が不足すると、味蕾の細胞の代謝が抑えられてしまい、味覚障害が起こるとされています。

 

食事の際に塩やこしょうなどの調味料を多量に振りかけたり、毎食のように唐辛子やわさびなどの刺激の強いものを付けて食べている時は味覚障害が起こっている可能性があります。

 

味覚障害を抑えるためには牡蠣や牛肉などの亜鉛が含まれた食材を摂ることが大切で、レモンなどのビタミンCを含む食材と一緒に摂るとより吸収が高まります。

亜鉛,味覚障害

1日に必要とされる亜鉛の量は9r〜12rとなっていますが、食材からの摂取が難しい場合にはサプリメントを活用して補給をするという方法もあります。

海乳EXのトップページへ戻る

亜鉛のおススメサプリメント海乳EXのお得な情報はサイトトップページで案内しています。
トップへ戻る