亜鉛 口内炎

亜鉛不足だと口内炎になりやすい

口内炎ができると痛みで食事が食べづらい、しゃべりづらいなど日常生活に影響がある場合が多くあります。

 

口内炎の原因は口の中を噛んだりした時の傷、歯周病菌などで口内が衛生に保たれていない、ビタミンB群・Cの不足、風邪などの体調不良、ストレス、アレルギー、胃腸障害、ミネラル不足、ホルモンバランスの乱れなどさまざまな要因があります。

 

亜鉛が不足しても口内炎になりやすいとも言われています。

亜鉛,口内炎

 

亜鉛はタンパク質の合成や骨の発育のために欠かせないミネラルで、新陳代謝やDNAの転写などにも関わってくる大切なものです。免疫の活性化や皮膚や粘膜を健康に保つという働きもあります。

 

1日に必要な摂取量は成人で15mgと言われており、亜鉛を多く含む食品には牡蠣、うなぎ、牛もも肉、レバー、納豆、アーモンド、きな粉、ごま、緑茶、そばなどがあります。

 

毎日の食事の中で亜鉛をしっかり摂取することは口内炎の予防にもなりますし、できてしまった口内炎を早く治すのにも効果があります。

 

バランス良い食事を心がけ、食べ物から1日に必要な量の亜鉛を摂ることが望ましいのですが、それが難しいという方にはサプリメントを利用するというのも簡単で確実な方法です。

口内炎になりやすい人が不足しがちなもの

口内炎になりやすい人は次のような栄養素が不足している場合があります。

 

鉄、亜鉛、ビタミンB12、L-リジン、ビタミンC、β-カロテン など

1日の摂取量の目安
鉄:5〜10r/日
亜鉛:10〜15r/日
ビタミンB12:30〜60μg/日(空腹時)
L-リジン:300〜500nm/日(空腹時)
ビタミンC:800〜1000mg/日
β-カロテン:3000〜5000IU/日

 

亜鉛が不足してる海乳EXで足りない成分を補いましょう。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://kt2.pa-re.info/

とはいっても、口内炎が出来てからでは・・・

日頃から予防のためには亜鉛サプリもいいかもしれませんが、もうできてしまった場合は手遅れですよね。

 

口の中が痛くてたまらない・・・

 

そんな場合は口内炎の直りを早くするものを摂取したりや薬に頼った方が良いでしょう。

 

豆知識
口内炎ができ始めた場合、生きた乳酸菌が入ったヨーグルト小さじ1杯程度を100mlの水で溶かして綿棒などで患部へ塗布すると殺菌効果と細胞再生促進効果で治りを早めることができます。

 

口内炎の治りを早くするもの

口内炎を早く治すために必要なのは

マグネシウム、ビタミンB3、ビタミンB5、葉酸、乳酸菌、セージ茶 など

1日当たりの摂取量の目安
マグネシウム:50〜150r/日
ビタミンB3:15r/日
ビタミンB5:30r/日
葉酸:100〜200μg/日(空腹時)
乳酸菌(アシドフィルス):ヨーグルト50〜100g(就寝前)
セージ茶:2回/日

 

市販の薬でおすすめの商品

 

大正製薬口内炎パッチ

 

ケナログA口腔用軟膏

 

トラフル ダイレクト

 

 

トラフル錠

 

ネット通販でも買えるので、口内炎が出来てしまった場合は、上記のような薬を利用しながらサプリで栄養補給するのがベストです。

 

海乳EXのトップページへ戻る

亜鉛のおススメサプリメント海乳EXのお得な情報はサイトトップページで案内しています。
トップへ戻る