亜鉛 お酒

亜鉛とお酒の関係とは

お酒が大好きで強い人は、どんなに飲んでも顔色一つ変えずに平気な顔をしています。

 

しかし、もともとお酒に強い人が急に酔いやすくなったり、二日酔いなどの症状に見舞われるようになった場合は、体内の亜鉛が不足している可能性があります。

亜鉛,お酒

 

お酒と亜鉛には密接な関係があると言われており、もともとお酒に強い人が急に酔いやすくなった時は、亜鉛不足に陥っている可能性が高いのです。

 

お酒に含まれているアルコールは、体内に入ると肝臓に運ばれて無害な物質に分解されますが、この時に「アルコール脱水素酵素」と呼ばれる酵素が働きます。

 

白色人種はこの酵素をたくさん持っており、その働きも活発のため、アルコールに強いのです。

 

一方、私たち日本人のような黄色人種はこの酵素の数が少なく、中には全く働かない人もいます。

 

「お酒が全く飲めない人」は、これに該当します。

 

その酵素が働くためには、亜鉛が必要不可欠です。

 

 

そのため、体内の亜鉛が不足してしまうと、酵素の働きが鈍くなりお酒に酔いやすくなったり、二日酔いに陥りやすくなります。

 

普段より酔いやすい、あるいは二日酔い気味だという人は、真っ先に亜鉛不足を疑ってみましょう。そして、サプリメントなどを有効活用して、積極的に亜鉛を補給しましょう。

海乳EXのトップページへ戻る

亜鉛のおススメサプリメント海乳EXのお得な情報はサイトトップページで案内しています。
トップへ戻る